+痔

妊娠・出産・生理で痔になりやすい

妊娠,出産,生理,女性

普段便秘症の人でも生理中は便が出やすいと感じている人も多いのではないでしょうか。痔の原因の一つに「ホルモンバランスの変化」というものがあります。ホルモンバランスが周期的に変化する女性には「痔になりやすい時期」があるのです。


月経周期と痔

女性の身体は、ホルモンバランスが周期的に変化するため、便通も周期的に変化します。一ヶ月のなかでも、月経周期に合わせてホルモンバランスが変化するため、便通が乱れやすいのが女性特有の体質です。生理前は体調不良や、肌荒れしやすくなる人も多いと思いますが、同じようにデリケートな肛門付近の皮膚や粘膜も荒れやすく痔になりやすくなります。

月経前

排卵が規則的に起こっている人の場合、排卵日から月経までの間、蠕動運動を押さえる黄体ホルモンの分泌量が増えるため便秘がちになります。普段から便秘になりやすいと感じている人は、さらに便が出にくくなりますので硬い便が溜まります。そのため、他と時期に比べても排便時の負担は大きく、裂肛になりやすい時期です。


月経時

月経周期に入ると、黄体ホルモンの分泌量は減り、プロスタグロンジンというホルモンが増えます。これによって、腸管が動きやすくなり蠕動運動が次第に活発になります。腸が動きやすくなるので、便が出やすくなり便秘が解消される人も多いのではないでしょうか。しかし、身体全体が水分を溜め込みやすくなっているので、健康な便通があってもお腹が張ったように感じます。この時期は、生理による血液が肛門周辺に付着してかぶれ易くなるため、”痔核”や”裂肛”になりやすいといえます。


月経後

月経周期が終わると、プロスタグロンジンの刺激によって活発になった蠕動運動がさらに活発になるため、下痢になる人もいます。下痢が続くと肛門周辺があれてしまい、痔疾の原因になります。水分を溜め込んでむくみやすくなっていた身体も、上手く水分を排出できるようになりますので下痢っぽくなる人は、水分の摂取量を減らすのがお勧めです。この時期は、便意を感じられるような工夫をしたり、排便のリズムをつくるようにすると便秘対策としても効果的です。


妊娠・出産時の時

便秘に続いて女性の痔疾原因となるのが、妊娠・出産です。妊娠前女性の痔主さんをみてみると、外核痔と裂肛の比率は同じくらいですが、妊娠・出産を経験すると、重度の”外核痔”や”カントン痔核”、”痔ろう”など症状の重いタイプが増えているようです。

妊娠

妊娠初期は、蠕動運動を抑制する黄体ホルモンの分泌量が増えるうえ、安静にしていなければいけないため妊娠前より運動量が減ってしまいがちです。そのため、血流も滞りこの時期に痔核を作ってしまう人も多いようです。安定期頃になると、胎児が大きくなり直腸が圧迫され便が通り抜けにくくなります。妊娠初期よりもさらに下半身が圧迫されるため、血流も悪くなり、むくみや血栓が出来ます。この時に出来た初期のぢは、妊娠中のためすぐに治療することが出来ないという場合も多く、症状が悪化してカントン痔核や重度の痔核になりやすい時期といえます。


出産

妊娠中に痔核や裂肛にならなかった人でも、出産時にはほとんどの人が軽度の裂肛になります。程度がひどい場合などは、出産後のケアとして痔疾患の治療を行ってくれる病院もありますので、出産前に相談しておくと良いでしょう。また、出産時の軽度の切れ痔なら簡単な治療で治すことができますが、育児などで忙しくなると治療を怠ってしまう事も多いようです。そのため、出産後の育児期間で時疾の症状がひどくなる、という女性が増えています。出産後、痔のサインが出ていたら出来るだけ早めに病院へ診察に行くようにしましょう。自分で治そうとしていると、忙しさでついつい後回しになってしまいますよ。