+痔

脱腸

脱腸

腸が飛び出ている“脱腸”にはいくつかの種類があります。どれも特徴が肛門から外へ出ているので、一見イボ痔と同じようにも見えます。しかし、軽度の痔とは違い自然に治ることがほとんど無いので、早めの対処をしないと生活が不便に感じられるようになります。また、少し前まで痔の手術として行われていた内核痔の手術の後遺症で、脱腸になる事もありました。


直腸粘膜脱

痔と似ている肛門周辺の疾患で、長期間わずらっていると痔の原因にもなるものです。出血や痛みがあり、“いぼ痔”や“大腸炎”と勘違いされる事もありますし、内核痔と併発しているケースもあります。

症状

肛門管や直腸の内側粘膜が肛門のほうへ引っ張られてしまうため、排便時や長時間たちっぱなしでいる時などに痛みを感じることがあります。肛門の外側まで粘膜が下がって飛び出す事も多く、それによって出血や分泌物が肛門周辺や下着に付着してかぶれや潰瘍などの原因にもなります。また、中年以上の女性の場合、腸管が腹腔内で子宮のほうへ風船のように膨らんでしまい、排便困難になる場合もあります。

原因

直腸粘膜脱は、直腸粘膜を支えている組織がうっ血やいきみなどでこわれてしまったり、老化などに寄って柔軟性やハリが失われることで起こります。また、粘膜がもともとよわい体質などによる先天性のタイプと、年齢や老化などによる腸管粘膜の衰えが大きな原因になっている後天性のタイプがあり原因や治療方法にも違いがあります。さらに、後天性のタイプの中には、排便時のいきみによる無理な圧力が原因になっている事もあります。

治療方法

直腸粘膜脱によって潰瘍などが出来ている場合には、薬物療法を使って治療していきます。潰瘍がガン化しやすいタイプの場合には、手術で切除する事もあります。また、便秘や便意を感じ難いなどの排便障害を起こしていると、いきむ習慣がついてしまうため、直腸粘膜脱の治療と同時にいきむ習慣を改善していかなければいけません。こういった場合には、食物繊維を多く含む食事や場合によっては下剤を使うことで排便時のいきむ習慣をなくしていきます。

直腸脱

直腸がひっくり返った状態で肛門の外へ飛び出してくる疾患です。直腸周辺の組織が全体的に緩んでしまうため、排便時以外にも直腸が飛び出してしまいます。症状がひどくなると何段階にもなった直腸が飛び出してくる事もあります。

症状

普段内側にある腸管粘膜が外側になった状態で体外へ露出するため、粘膜から出る分泌物が肛門周辺に付きかゆみや痛みを感じることがあります。また、刺激に弱い粘膜が常に下着などでこすれてしまうので、潰瘍やかぶれを起こします。さらに症状がひどくなると括約筋の働きも弱くなるため、ちょっとした刺激で脱糞してしまう事もあり、生活が不便に感じる人も多いようです。

原因

一般的に老化や運動不足によって直腸を支えている括約筋がのびて緩んでしまったり、直腸自体が伸びてしまってくることが原因と考えられています。また、直腸粘膜脱と同じように、いきむクセがある人は少し緩んできた腸を自分で外へ押し出すような行為をしている事もあります。直腸脱になると残便感を感じるようになり、さらにいきみ癖が付く悪循環に陥る事もあります。

治療方法

直超脱は手術によって腸が飛び出ないように治療します。方法は色々とありますが、伸びてしまった直腸を縛り適度な長さにしておく方法や仙骨に直腸を引っ掛けるようにしておくことで上に吊り上げる方法等、切除しない手術方法が一般的です。飛び出てしまっている部分が多い場合には、その部分を切除するという治療方法が取られる事もあります。