+痔

痔薬の使い方

痔薬,座薬,塗り薬

市販されている痔の薬には、色々な種類や来る市のタイプがありどれを使えばいいのか、悩んでしまいますよね。中には副作用があるタイプもあるいので、成分や特徴、使い方によって自分の痔に合うものを選びたいですよね。医師が症状に合わせて選んでくれるわけではないので、事前にしっかり調べておくのがポイントですよ。


持薬のタイプ

痔薬には、肛門周辺に塗る軟膏タイプと浣腸のように肛門からチューブを挿入して薬を内部に注入するタイプ、座薬タイプ、内服薬があります。市販でも医師に処方されたものでも使用方法や形状はほとんど同じように作られています。

軟膏(ぬりぐすり)

肛門の外側に傷口がある切れ痔や痔ろうに使われることの多いタイプです。清潔にした状態の傷口につけることで化膿や出血を抑えることが出来ます。また、軟膏タイプが肛門周辺に付いていると、潤滑剤のようにも働き、便のすべりが良くなるので普段より排便がスムーズに行える場合もあります。患部に軟膏をしっかり浸透させるためには、ガーゼに軟膏を塗って当てておくのが良いでしょう。下着に塗り薬が付かないので、ガーゼだけをこまめに交換すればより清潔に保つことが出来ます。


注入軟膏

内部に出来た痔核や切れ痔、痔ろうには、直接薬をつけることが難しいため、浣腸型の注入タイプを使うと効果的です。手では届きにくい内部に軟膏を直接塗ることが出来るので、効き目が早く、痛みや出血がひどい場合にも効果的です。使うときには、始めにチューブの先端に軟膏を塗りつけておくとスムーズに注入することが出来ます。また、チューブを差し込んでから軟膏を注入しますが、使用後中に残っていても取っておいたり、肛門周辺に塗ったりしてはいけません。


座薬

注入軟膏と同じように内部に出来た切れ痔や痔核、痔ろうの患部に直接使用できるように作られたソフトタイプの固形薬です。固形なので患部周辺にとどまってゆっくりと溶け出しその場所で確実に吸収されます。しかし、座薬が完全に溶け切る前に便意を催したり、入れ方が浅かったりすると押し出されてしまうことがあります。そのため、座薬は就寝前の使用が最も効果的です。また、指で押し込んで使用するので、始めに手をよくあらい清潔にしてから使いましょう。


内服薬

内服薬タイプは直接使うタイプに比べると即効性はないのですが、内部から痛みや炎症を抑えたり、排便が困難な便秘や下痢などの症状を改善して痔疾でも便が出やすくする働きがあります。排便を助ける作用がある内服薬は、軟膏や座薬などと併用して使用すると症状を改善しやすくなるので、症状によっては一緒に処方される事も多いようです。


痔薬の成分と特徴

痔薬には、痛みやかゆみ、出血、腫れ、化膿などの症状を改善するための成分が含まれているものが多く、種類によって副作用が強いものや即効性の薄いものなどがあります。特に市販薬は処方薬に比べ強い成分が含まれているものが多く、即効性があるのが特徴です。

ステロイド
(副腎質ホルモン)

ステロイドは、腫れや炎症、痛みなどの症状を抑えるために大変有効的な成分です。即効性もあり、急にひどい症状におそわれた時などに効果的です。しかし、強力な有効成分のため、長期間の使用は副作用が現れる事も多いので、市販薬を使う場合には、ステロイド入りのものは症状に合わせて短期間で使うようにしましょう。


非ステロイド系

ステロイドの入っていないタイプを「非ステロイド系」といいます。ステロイドに比べると弱い成分のものを使っていますが、かぶれや副作用の心配が少ないので、ひどい痛みや腫れなどの症状がない場合には、非ステロイド系の薬で症状を改善していくのが効果的です。しかし、ステロイドが入っていないタイプでも人によってはアレルギー反応が出る場合もありますので、市販薬を購入する際には薬剤師に相談するのがおすすめです。


漢方

痔に効く漢方薬には「乙字湯(おつじとう)」「当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)」「潤肌膏(紫雲膏・しうんこう)」等があります。乙字湯は便秘にともなう裂肛やいぼ痔に、当帰建中湯は痛みのある痔核や裂肛、出血のある痔ろうなどに効果的だといわれています。キズがある場合には、細かいキズを治す作用のある紫雲膏を併用するとよいでしょう。また、そのほかにも便秘を改善する漢方や月経によるホルモンバランスを整える漢方を併用すると改善しやすくなります。