+痔

正しいトイレの使い方

トイレ,使い方

辛い痔の症状や便が出にくい便秘症などがあると、毎日のトイレタイムも辛く感じてしまいますよね。
しかし、トイレタイムを上手に使うことでこの辛い症状を改善していくことも可能なんです。あなたのトイレ習慣は間違っていませんか?


トイレの入り方

トイレってなんだか落ち着く空間…と居心地良く感じる事もありますが、長居は禁物です。痔の改善や予防は正しいトイレ習慣を見につけることから始まるんですよ。

間違った入り方してませんか?

便意や尿意を感じていなくても、出さなくちゃ、といきんだり、長時間便座に腰掛けていると肛門に大きな負担がかかってしまいます。肛門周辺の血管や粘膜以外にも、いきむことで高い腹圧が掛かると、年齢と共にハリの無くなった腸壁が違う方向へ膨らんでしまう場合もあります。また、残便感があるうちは出し切るまで頑張ってしまう、といことが多いと思いますが、すっきり感を目指して力んでいると痔の原因を作りだす大きな要因になってしまいます。

正しい排便方法

おしりに負担の掛からない出し方をするためには、まず、便意を感じてからトイレに入るようにしましょう。便意を感じてからトイレに入ることで、脳内には「今から排便できる」というイメージが伝わり、腸の蠕動運動がスムーズに便を押し出すため、いきんで肛門や腸に無理な圧力をかけずに短時間で排便することが出来ます。そのためには、便意を感じたら我慢せず、1〜3分の間に出し切るのが理想的です。

出した後のスリーステップ

痔の予防と対策には、出した後のおしりのケアがとっても大切です。基本的には汚れを取る、乾燥させるということが目的ですが、トイレットペーパーで拭くと、水分は取れますが、汚れは取りきれず、無理に擦ると肛門周辺の皮膚を傷つけてしまいます。そのため、排便後にはまずトイレットペーパーで軽く拭いて大まかに汚れを拭き取ります。次に、温水便座や座浴で肛門のシワなどについた細かい汚れを洗い流します。その後、トイレットペーパーやタオルなどで軽く押さえるように水分を拭き取ります。

ウォシュレット

温水や温風を出すことの出来る機能付き便座は、痔もちの人にとってとってもありがたい存在ですよね。最近ではマッサージ効果などのある温水シャワーが付いているタイプ等もあり人気もありますが、間違った使い方をしている人も多いようですよ。

メリット

ウォシュレットについている温水シャワートは、排便後の洗浄が手軽に出来るのが特徴ですよね。また、痔の改善に効果的な座浴と同じように、肛門周辺を温め血行促進させることができます。特に切れ痔や痔ろうの場合、傷口を清潔に保つことが重要なポイントになりますので、温水機能付き便座の利用は効果的です。またウォシュレットについている温風機能を使えば、しっかりと監査そう競ることができるので、蒸れてやかぶれを防ぐことが出来ます。

注意点

ウォシュレットは、排便後の肛門周辺の洗浄に使います。ウォシュレットの刺激が便意を呼び起こすきっかけになる事もあるため、排便前に使う、という人が増えているようです。しかし、排便前に使用する習慣が付いてしまうと、ウォシュレットによる外部からの刺激がないと便意を感じられなくなってしまう場合があります。また、マッサージ機能を利用すれば肛門周辺の血行を促進することが出来ますが、そのために長時間便座に座っていると、結局肛門負担をかけてしまうことになるので注意しましょう。