+痔

便のチェックで健康管理

便秘,下痢,便

食べたら出す、これは決して避けては通れないことです。健康的に食べるのと同じくらい健康的に出すということは痔の状態にとっても大切なことです。便秘症の人は痔になりやすいといわれていますが、スムーズどころかこらえきれない便意に教われる下痢も痔疾の原因を作ってしまうんですよ。


痔の運命を左右する便の状態

便の状態は、ぢや他の疾患とも大きな関わりがあります。反対に考えると自分の便の状態をチェックしていれば、痔の予防や対策にも役立ちます。

異常便は痔の原因を作る

アルカリ性の胆汁を含んでいる便は、長い間長の中に溜め込んでおくと腸壁を荒らしてしまいます。健康に便意が起こり、排出している場合には肛門や腸内の粘膜が保護しているので特に問題はありません。しかし、便秘や下痢などの状態が続くと腸壁や肛門に負担がかかり、様々なトラブルの原因を作りだします。

便秘

便秘は、水分が少なく硬い便になっているのでスムーズに肛門を通過することができません。そのため肛門周辺の粘膜を傷つけ、そこからばい菌がはいり炎症を起こします。また、硬い便を押し出そうといきむと、その間の腹圧は200mmHgにもなります。これは脳などの血管で考えると簡単に切れてしまうほどの圧力です。そのため、肛門周辺を作る多くの血管も切れて出血や炎症を起こすことになります。

下痢

便秘とは違い便はスムーズに肛門を通過します。下痢の便は水分が多く、アルカリ濃度が高い状態になっているため粘膜から吸収されやすく荒れてしまいがちなのが特徴です。また、強い便意を感じている時には、知らず知らずのうちに圧力がかかり通常便よりも肛門周辺に負担をかけます。また、水分が多いため蒸れやすくかゆみや痛みといった刺激に対して敏感で痔になりやすい状態になってしまいます。

便をチェックする

便秘や下痢に悩む人は、排便という行為に一生懸命になりすぎて自分の弁の状態まで気が回らないことがおおいのではないでしょうか? また、毎日定期的に排便の習慣がある人も当たり前のこと過ぎて出した後のことまで見ていないのではありませんか? 食べるものが毎日同じでも、体調によって便の状態は変化します。今日のうんちの状態はどうですか?

健康便

一般的には「バナナうんち」が健康的な状態として知られていますよね。バナナうんちの他にも、ある程度の硬さのある柔らかめの便は健康な状態でも見られます。肛門にも負担が少なくスムーズに排出することが出来るので、痔疾にはなりにくいタイプですが、難便と同じように色によっては病気のサインである事もあります。


健康便

一般的には「バナナうんち」が健康的な状態として知られていますよね。バナナうんちの他にも、ある程度の硬さのある柔らかめの便は健康な状態でも見られます。肛門にも負担が少なくスムーズに排出することが出来るので、痔疾にはなりにくいタイプですが、難便と同じように色によっては病気のサインである事もあります。


硬便

カチカチに固まった棒状のものや、コロコロのウサギのうんちのような硬い便は、痔を引き起こす大きな要因になります。硬く水分の少ないタイプが出るときは便秘になっていることが多く、一度でも肛門に大きな負担をかけて切れてしまうこともあります。一度だけであれば切れたとしても自然に治りますが、繰り返すと内核痔や痔ろうなど症状のひどい”ぢ”になる事も多いのが特徴です。しかし、便秘の解消に使われる下剤や浣腸は使い方を間違えると腸内の状態を悪化させる場合もありますので専門家に相談してから使うようにしましょう。