+痔

便意と上手に付き合う方法

便意

痔を防ぐのも進行させてしまうのも、便意と上手に付き合えるかどうかがカギになってきます。便意を感じにくい便秘症の人や、痔になってしまったから排便が怖い…と感じている人もいるかもしれませんね。便意をうまく付き合えるようになれば、体調の管理にも役立ちますよ。


便意の仕組み

食べ物を食べてから排出するまでの間には、口・胃・大腸・直腸といった場所で次々と刺激が起こり身体や脳が反応することで便意がおこります。

したい!と感じるメカニズム

まず口に食べ物が入るとその刺激が脳に伝わり胃が活動を始めます。飲み込まれた食物が胃に入るとその刺激から、次に進む大腸が活発に動き始めます。この刺激は「胃結腸反射」と呼ばれるもので、「蠕動運動(ぜんどううんどう)」という腸管の動きを活発にしますこの刺激と運動により、それまでに時間をかけて消化され、大腸に溜まっていた食物の残りカスである便を直腸に運んでいきます。便が直腸に運ばれるとその刺激は脳に伝わり、腸が動き始めることで、便意を感じることになります。こうして直腸から脳へ伝わる刺激は「直腸肛門反射」と呼ばれています。これらの刺激が重なってやっと「したい!」と感じることが出来るんです。

肛門のすごい能力

通常健康な状態の時には、出したいと感じているのが便なのかガスなのかわかりますよね。これは肛門の知られざるすごい機能の一つなんです。肛門周辺は敏感な粘膜でできているため、直腸と肛門は周辺に便が溜まってきたことを大脳に伝えるだけではなく、その周辺に溜まっているものが便なのかガスなのかを判断する事もできます。また、便の状態が通常の状態の便か、下痢かということも判断することが出来ます。普段なにげなく肛門が行っていることですが、よく考えてみると高機能でデリケートな器官だということがわかりますよね。

便意のコントロール

すぐに排便できない場合には、肛門の機能を使って便意を逃がす事もできます。肛門周辺の筋肉に力を入れて締めて一定期間便やガスを出さずにおくと、便意を感じなくなるためトイレに行く余裕を作ることが出来ますよね。トイレに行ったときに軽くいきむことで、肛門周辺の刺激が脳に伝わり、便意が再び起こればスムーズに排便する事もできます。しかし、何回も我慢してしまうと直腸肛門反応が起こりにくくなったり、便意自体を感じにくくなってしまいます。便秘や下痢など異常な便通は、このデリケートな肛門周辺に大きな負担をかけてしまうため、痔の原因や悪化を招くことになってしまいます。

便意を逃がすな!

食べ物が口に入ってから排便までの時間は、短い人で3〜4時間、長い人だと2〜3日かかるという人もいます。健康面で考えると短時間で排出されたほうが良いのですが、仕事や生活習慣のなかで便意を感じた時すぐにトイレに行けないという人も多いはず…。したいときに出す、これは自分でコントロールする事もできるんですよ

コントロールのしすぎに注意!

便秘で悩んでいる人の中には、便意をなかなか感じられなくなっていたり排便するまでに時間がかかっている人も多いのではないでしょうか? これは我慢することが多いと排便するタイミングを逃してしまい、直腸から大脳への刺激が起こらなくなってしまうタイプの便秘症だと考えられます。自分で便意をコントロールしているつもりが、下剤や浣腸などに頼らないと排便できなくなり、結局は排便したくてもできなくなってしまいます。そういったことになる前に、トイレに行きやすい時間に便意が起きるようにコントロールしてしまうのがポイントです。

自分の都合に合わせて便意を起こす

都合よく便意をコントロールするには、「朝、起きたら排便する」という習慣をつけておくのが一番簡単な方法です。寝起きは、休んでいた腸が動き始めるので食べ物を食べていなくても弱い刺激が起こります。そこで、朝起きたらすぐに冷たい水をコップ一杯ほど飲みます。すると腸が活発に動き始め腸や大脳に刺激が伝わります。便意を感じたらすぐトイレに行きまましょう。これを繰り返すと体が時間で覚えて、水を飲まなくても排便できるようにもなります。便秘症の人は一日目からすぐに上手く行かない場合もありますが、したくなくてもトイレに行く習慣をつけておくと改善しやすくなります。しかし、トイレに行ったときにいきんでしまわないように注意しましょう。また、トイレに行ったら排便できなくても3分以内でトイレからでるのが、「ぢ」を防ぐポイントになります。