+痔

腸内環境を整える

腸内環境,ビフィズス菌,善玉菌

痔を予防・改善するためには、スムーズな排便と健康な便を作ることの出来る腸内環境を整えることが大切です。腸内環境の乱れは便秘や下痢などの異常便を繰り返す原因になってしまいます。これは、痔以外にも様々な疾患の引き金になったり、おならが臭くなったり、ダイエットの効果が出にくくなったり…嬉しくないことばかりですよね。毎日の生活習慣の中でも、ちょっとした工夫で腸の働きを改善することが出来るんですよ。


“ビフィズス菌”と腸内環境

腸内環境といえば、「善玉菌」や「ビフィズス菌」といった言葉を思い浮かべる人も多いはず。ビフィズスが入っているヨーグルトを食べれば、腸内環境はよくなるんでしょうか?

働きと特徴

“善玉菌”の中でも一般的に知られているのが、ヨーグルトなどの乳製品に含まれているビフィズス菌です。キムチ等と同じ”乳酸菌”の一つで、腸内に送り込まれた食物の消化吸収を助け、腸内で蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にするという働きがあります。ビフィズス菌が多く、活発に働く環境では、スムーズに消化吸収が行われるためガスの発生をおさえるため、おならの臭いも悪臭と感じられるような強いにおいではなくなることが多いようです。また、腸内の善玉サイキンはアレルギーに関係する免疫機能とも深い関わりがあり、花粉症などのアレルギー対策としても効果的だといわれています。

”ビフィズス菌”を増やすには

善玉サイキンの活動を活発にさせるためにエサとなる乳糖や糖質含む食材を一緒にとると、ビフィズスの数を増やし活性化させることができます。中でも人間の消化酵素では分解されにくいオリゴ糖は、もともと玉ねぎやごぼう、ビート(砂糖大根)などに多く含まれる成分で、食べると大腸までそのまま届き、”善玉菌”のエサになります。最近はオリゴ糖だけを取り出した食品も販売されていて、手軽に摂取することが出来ます。また、母乳には乳糖が多く含まれているため、赤ちゃんは自然と”善玉菌”を腸内に増やすことが出来るんですよ。

”善玉菌”を減らす原因

善玉菌であるビフィズスはヨーグルトに含まれていますが、腸内環境がよくない場合、”悪玉菌”が多く存在しているため上手く活動することが出来ず負けてしまいます。また、腸内はとてもデリケートに出来ているため、身体や脳が過度なストレスを受けると善玉サイキンの数が簡単に少なくなってしまいます。その他にも、疾患などで抗生物質を使った薬を使っていると、疾患の治療だけでなく腸内の善玉サイキンも減らしてしまうことになるんです。また、ビフィズスなどの善玉サイキンは空気や光に触れると力を失いやすいという特徴を持っていることも多いため、調理方法や食べ方にも気を使いたいですね。

身近にあるもので整える

善玉サイキンを効率的に摂取する手段としては、市販の整腸剤やサプリメントを利用するという方法もあります。しかし、私たちの見の周りにあるものを上手に使えば、胃や腸の内部の状態を整えておくために活用できるものが沢山あります。毎日の食事に取り入れるだけでも簡単に便通を改善することが出来ますよ。

水分の少ない硬くなってしまった便は腸内をスムーズに通ることが出来ません。そのため、排便されるまでにも時間がかかりさらに便の水分が腸壁から吸収されてしまいます。この悪循環に友好的なのが、水を多く飲むことです。特に便秘になりやすい人は、ミネラルを多く含む硬水がお勧めです。一日に1.5〜2Lの水を飲んでいると、便にも十分な水分が含まれるようになります。


オイル

メタボが気になる人やダイエット中の人は、油脂の含まれている食品や料理を避ける傾向にありますが、これは痔や便秘にとってあまり好ましくない環境をつくってしまいます。水分と同じように油分が足りていないと、スムーズに便が通過せず、排便時にもするっと出すことが出来ません。肛門に負担がかかるため痔を悪化させないためにも、一日大さじ2杯程度の油脂を摂ることがポイントです。カロリーが気になる人は、コレステロールの少ないオリーブオイルや、魚に含まれる脂分を多く摂るように心がけましょう。